全身脱毛の処理中はすごく寒い!|私が試した、今すぐできる寒さ対策

全身脱毛の処理中はすごく寒い!

秋口から冬にかけて、脱毛はオフシーズンに入ります。施術の予約が取りやすくなるので脱毛をスタートさせるのには最適なのですが、薄着での施術は寒いという問題があります。実際に冬場の施術は寒いのか、寒いと感じた時にはどう対応すればいいのか、実体験を交えてお伝えします。

全身脱毛には冷却が不可欠!? 体が冷える理由とは

脱毛サロンの施術室はしっかり温度管理がしてあるはずですが、それでも全身脱毛をする時は寒さとの戦いになります。脱毛を始めようと考えている人は、これから見ていく「からだが冷える理由」をしっかり把握してから、全身脱毛を始めてください。

照射前によく冷えた冷却ジェルを塗る

光脱毛の施術を行う時には、ほとんどのサロンで冷却ジェルを使用します。この冷却ジェルは、光を照射する際に熱ダメージから肌を守り、火傷や炎症が起こらないようにするためには不可欠です。冷却を目的としたジェルのため、施術間際まで冷蔵庫でしっかりと冷やされています。

施術後にもまた冷却する

しっかり肌を冷やしてから照射をしても、施術を受ければ光の熱で肌はダメージを受けます。施術後に照射でダメージを受けた部分を冷やすと、光エネルギーの熱が原因の痛みを和らげ、火照った肌を鎮静できます。

施術中はずっと薄い施術服で過ごす

施術着はサロンによって異なりますが、薄く柔らかな素材&半袖や肩だしタイプのものが多いです。また背中から腰にかけての広範囲のパーツを処理する時は、一時的に半裸になります。

寒さ対策としてスタッフは施術する部位以外にはタオルや毛布をかけてくれますが、照射前の冷却ジェルと、施術後の冷たいタオルや保冷剤で、施術部位は2回冷やされることになります。

実は、夏は冷房で冬よりもっと寒い可能性がある

冬は気温が低下します。暖房がよくきいた室内でも、薄着で冷たいジェルを塗るので体が冷えて寒くなります。夏場は気温が高くなりますが、室内はしっかり冷房されています。直接冷房が肌に当たることも多く、冷却ジェルを塗ればかなり肌が冷えてしまいます。温度管理の状態によっては、冬場よりも夏場の方が寒い場合もあります。

やっぱりみんな寒がっている!

全身脱毛の施術を受けた人は、どのような寒さを実感したのでしょうか。寒さに対する体験談をまとめてみました。

広範囲のときは寒い!でも我慢…
背中とかお尻とか、広範囲にジェルを塗る時はかなり寒い!でも冷却が足りなくて炎症とか起こるのも嫌だから、我慢するしかないです。(東京都・26歳)

夏場の冷房の寒さは強敵!
同じサロンでも、施術する部屋によって空調の位置が違います。たまたま夏場の施術の際に入った部屋の空調は、クーラーの風がベッドに直撃になる位置でした。それなのにキンキンに冷えたジェルを塗られて、寒さが倍増しました。(愛知県・23歳)

サロンによって寒さに対する配慮が違う
とにかく人よりも冷え性で、体に冷たいものが触れると辛いです。あるサロンの話ですが、ベッドの上に大きめのバスタオルを引いてあるだけなので、スタッフに相談したのですが、「サロンの方針なので…」と回答され、寒さに耐えられず脱毛サロンの乗り換えをしました。乗り換えをしたサロンでは寒さ対策で、ベッドに電気毛布を引いてくれました。冷え性の私にはありがたい配慮で、新しいサロンで全身脱毛を続けようと思います。(福井県・28歳)

全身脱毛の時の体の冷え方は半端ない
面倒臭がりなので、1回通えば全身全てのお手入れができるプランを選びました。ところが施術を受ける1時間半の間、とにかく寒くて辛いです。スタッフは体が冷えないよう配慮してタオルをたっぷり掛けてくれますが、施術を終えた部分はどんなにタオルをかけてもらっても冷えたままです。それが全身順番に冷やされていくので、全身の施術が終了する頃の体の冷え方といったら半端ないです。(千葉県・29歳)

すぐできる寒さ対策はこちら!

サロンやスタッフだけに、寒さ対策を任せっぱなしにしてはいけません。肌トラブル防止のために冷却はとても大切なことですが、そのせいで体が冷えすぎては施術に通うのが嫌になります。そこで、自分でできる寒さ対策を紹介しますので、ぜひ実践してみてください。

ジェルを使用しないサロンを選ぶ

脱毛サロンで取り扱っている脱毛マシンは、サロン毎に違います。中には冷却ジェル不要のマシンを採用しているサロンもあり、冷却ジェルなしで施術を受けられるケースもあるのです。

冷却ジェルの有無で脱毛効果に違いはないので、寒さに弱い人でも安心して脱毛の施術を受けられます。ただしこの場合は施術後のクールダウンがしっかり行われることが多いので、その時には寒さを感じる場合もあります。

冷却ジェルを使用しないサロンはココ!

冷却ジェルを使用しないで施術を受けられるサロンは、キレイモ、ジェイエステ・リンリンです。各サロンの特徴は以下の通りですから、サロン選びをする時の参考にしてください。

キレイモ

脱毛と同時に体を引き締める「スリムアップ効果」が期待でます。国産の最新脱毛マシンを導入し、照射するライトのヘッド部分を冷やしてくれるので、冷却ジェルを使わずに施術を受けられます。脱毛プランのバリエーションやキャンペーンが豊富で、要望に合わせた脱毛がしやすいです。

ジェイエステ

オリジナルの「冷光ヒアルロン酸脱毛」の冷却ヘッドで、肌を冷やしながら脱毛します。スライドショットで滑るように施術ができ、短時間で施術が完了します。ヒアルロン酸トリートメントで、キメの整った潤いのある肌に仕上げられる魅力もあります。

リンリン

脱毛マシンメーカーが運営する脱毛サロンなので、純国産の最新型マシン「エアクールフラッシュ」を使用し、直営店ならではのリーズナブルな価格で施術をすることができます。照射部にフィルターがあり、冷却ジェルを使わずスピーディに脱毛できます。

※ミュゼプラチナムはジェルを使用して施術を行うサロンですが、「ミュゼエクスプレス」という新機種を導入してから、常温のジェルを使用できるようになりました。そのためジェルを肌の上に添付しても、さほど寒さを感じません。

冷却ジェルを使用しないサロンの口コミ

冷却ジェルを使用しない上記のサロンで施術を受けた結果、寒さはどう感じたのか、体験者の口コミをまとめました。

キレイモの口コミ

冷たさに驚くことがない
他サロンからの乗り換えで、キレイモで脱毛を始めました。ジェルを塗らないので、冷たさに驚くことがありません。どのスタッフとも年齢が近いので話しやすく、予約が取りやすいので気に入っています。(東京都・22歳)

冷たいジェル未使用でヌルヌルしないのがいい
キレイモさんは冷たいジェルを使わないし、拭き残しでヌルヌルすることがないので気に入っています。スリムアップ成分の入ったローションで保湿もしてもらえるので、潤ったツルツルの肌に仕上げられます。(東京都・28歳)

ジェイエステの口コミ

ひんやりした感触で脱毛できる
痛みをほとんど感じない上に、冷たいというよりはひんやりした感触で施術が受けられました。スタッフさんの対応も満足で、さすが老舗って感じです。(東京都・33歳)

リンリンの口コミ

冷却ジェルはないけど保冷剤が冷たすぎる
リンリンでは冷却ジェルは使わないけれど、保冷剤が冷たすぎます。保冷剤が冷たすぎて、施術中に全然リラックスできません。冬場は特に冷えるのですが、スタッフに言っても「これ以上暖房ききません」と言われました。体の芯から冷えると毛布をかけてもらっても、寒さに耐えられません。(神奈川県・25歳)

部屋の温度調整をしっかりしているサロンを選ぶ

服を着た状態なら平気でも、施術着に着替えて冷却ジェルや保冷剤を肌に置けば、想像以上に寒さを感じてしまいます。無料カウンセリングや体験などでサロンへ行く時には、サロン内の温度管理をしっかりチェックしてください。

また、同じサロンでも店舗によって温度調整の能力が異なる場合があるので、店舗間移動ができるサロンを選ぶ時には、店舗で体感温度が違うことがあります。

遠慮せずスタッフに伝える

施術中に寒いと感じたら、遠慮をせずにすぐにスタッフに相談してください。スタッフは要望があれば暖房を調整し、タオルや毛布を余分にかけるなどの対処してくれます。

普段よりも暖かい服装をする

全身脱毛の施術後は、思った以上に体が冷えます。脱毛の予約をしている日は、いつもより1枚多くインナーを着たり、冬場は防寒対策のインナーを着るようにしましょう。

施術後にできる対策

温かい飲み物を飲む

施術後に暖かい飲み物を飲むと、体の中から温められます。保温ボトルに温かい飲み物を入れて持参しましょう。また飲み物はコーヒーや緑茶などは体を冷やす効果があるので、体を芯から温めてくれるほうじ茶や生姜湯などが良いです。

丹田や仙骨をカイロで温める

体が冷えている時は、おヘソの下にあるツボ・丹田(たんでん)や、お尻にある仙骨にカイロをあてると、内臓が温まり体の中心から冷えの解消ができます。

ただし、脱毛直後の肌はデリケートになっていて長時間同じ部分を温めると、肌トラブルのリスクが高まり危険です。低温ヤケドの心配もあるので、貼り付けタイプではないカイロを選んでください。

まとめ

脱毛と冷却による寒さは、どうしても切り離すことができません。部分脱毛なら短時間で済みますが、全身脱毛となるとそれなりの時間がかかるので、寒さも倍増してしまいます。

全身脱毛の施術に行く際には寒さ対策はしっかりと行い、寒さに弱い人は、冷却ジェルを使用しないなど、なるべく寒さを感じにくい施術方法を採用しているサロンを選んでください。

冷え性体質の人は、これを機会に体質改善するのもおすすめです。簡単にできる体質改善方法としては、体の中から温められる食材を積極的に摂取する、朝起きたら白湯を飲む、指先をマッサージする、手首や足首をよく回すなどで血液循環が良くなり、冷えやすい体を改善できます。