全身脱毛ってどれくらい痛いの?|特に痛い部位と痛みを軽減する方法

脱毛の痛み対策ってどうすればいい?

脱毛の施術は、「痛い」とよく耳にします。もしかすると痛みの強さが我慢できずに、脱毛を断念してしまう人はいるのでしょうか。ここでは痛みが苦手で脱毛を始めるのをためらっている人のために、痛みを感じる時にはどう対処すればいいのかなど、痛み対策について解説をしていきます。

脱毛は痛い?痛くない?

「光脱毛」は脱毛方法の中では一番痛みが少ない!

脱毛サロンやクリニックで行われている脱毛方法は、「ニードル脱毛」「医療レーザー脱毛」「光脱毛(フラッシュ脱毛)」の3種類があります。脱毛サロンで取り扱われている脱毛方式は、近年ではほとんど「光脱毛」です。光脱毛は現在の脱毛技術の中では1番痛みの少ない脱毛方法と認められていて、強い痛みに緊張することなく快適に施術を受けられます。

口コミサイトなどを見ても、「輪ゴムでパチンと弾かれたような痛み」と表現されることが多いです。ただし輪ゴムを肌に弾く時に、思い切り輪ゴムを引っ張るのと、軽く引っ張るのとでは痛みの強さが違います。光脱毛の痛みは、後者の「輪ゴムを軽く引っ張って肌に当たる程度の痛み」と考えてください。

痛みの感じ方には個人差があるため、「すごく痛みが強かった」という人もいれば「ほとんど痛みを感じなかった」という人もいます。口コミサイトでよく見られる意見は、「想像していたほどの強い痛みではなかった」というような、脱毛体験をして不安が解消されたというものが多いです。ただし決して無痛ではなく、部位によっては痛みを強く感じるケースもあります。

なぜ痛みが少ないのか。光脱毛の仕組みとは

光脱毛でのムダ毛の処理方法は、光の熱エネルギーを毛根に当てて、組織にダメージを与える方法です。医療機関で行うレーザー脱毛と同じ仕組みなのですが、光脱毛はレーザー脱毛よりも光の威力が弱いです。

どれほど威力が違うかというと、光脱毛の熱エネルギーの温度は約70度、レーザー脱毛の熱エネルギーの温度は約3倍の200度です。これだけの温度で毛根を焼却するのですから、レーザー脱毛の痛みが強いのは当たり前です。

逆に光脱毛はレーザー脱毛の1/3の威力ですから、マイルドな痛みで施術が受けられます。そして光脱毛は1度に広い範囲に照射できるため、処理時間は短時間ですむメリットもあります。

詳しくは【脱毛エステの効果は本当にあるの?効果ある派・無い派も納得の結論とは】の「脱毛サロンで行う光脱毛って何?」を参照してください

特に痛みを感じやすい部分はどこか

脱毛の痛みの感じ方は、毛量や毛質、痛みに対する敏感さによって、かなり個人差があります。毛が濃く密集度の高い部位(ワキやデリケートゾーン)、皮膚が薄い部分、骨から近い部分、肌の色味が濃い部分は、痛みが強くなります。

即ちムダ毛の濃いワキやVIOラインはもちろんのこと、毛の色素が薄くても骨に近いヒザ下、皮膚の薄い顔も、比較的痛みを感じやすい部分だと言えます。

ただし痛みの強さは脱毛効果と比例するため、刺激を感じる部分ほど早い時点で脱毛効果を実感できます。ムダ毛の色味の濃さや毛量は、初回の施術の時が最大ですから、痛みを1番強く感じるのは1回目の施術の時です。

初回に痛みが強いのは、はじめての脱毛体験で緊張感が強く、痛みを強く感じやすいからとも言われています。施術を受ける度にムダ毛は少なくなっていくため、回数を重ねるごとに痛みに対する刺激は減少していきます。

実際に光脱毛の施術を受けて、痛みに耐えられずコースを中断したという人の話は聞いたことがありません。万が一痛みを強く感じる時は、これから解説する色々な痛み対策を実践してください。

もっとも痛みが強いVIOライン

VIOの中では、特にIラインとOラインは強い痛みを感じる人が多いです。Iラインの毛質は比較的固くて太く、ほかの部位よりも刺激を強く感じます。更にIライン・Oライン共に色素沈着して肌色が黒ずんでいることが多く、肌に光エネルギーが反応しやすくなります。

VIOラインは普段は守られているので、直接外部からの刺激を受けることがありません。しかも皮膚は薄くてデリケートな状態ですから、脱毛の際に痛みを強く感じてしまいがちです。

顔、特に鼻下の痛みが強い

皮膚が薄い部分は痛みを強く感じやすいのですが、顔の皮膚は全体的に体よりも皮膚が薄い部分です。医学的に言えば鼻下は歯茎の上に唇の肉が被さっているだけなので、軽く押しただけでも強い刺激を受けるそうです。

また鼻下の部分やみぞおちなどは、「人中」と呼ばれる部分で、人の体の中では急所になり、ほかの部位に比べると強い痛みを感じます。

口コミでも我慢できないほど痛いという人はいない!

実際に脱毛サロンで光脱毛の施術を受けた人は、初回の施術でどのような痛みを感じたのでしょうか。体験者の痛みに対する感想をまとめてみました。

剛毛だけど痛くない!
VIOのことは友達にも相談しにくくて、脱毛サロンのカウンセリングで相談をしました。痛みが強いと聞いていたので怖かったのですが、剛毛だったのに全然痛くありませんでした。想像していたほど恥ずかしさも感じなかったので、次の施術が楽しみです!(兵庫・22歳)

毛抜きで抜くよりも痛みは少ない
ワキ脱毛をしたのですが、光を当てる時にチクッと痛みを感じました。すぐに終わったので平気だったし、毛抜きで抜くよりも痛みは少なかったです。(神奈川県・18歳)

V・I・Oで、痛みの感じ方が違った
デリケートゾーンは痛いと聞いていたけれど、それほどの痛みではありませんでした。ただV・I・Oで痛みの感じ方が違ったので驚きました。Vラインは痛みなし、Iラインはちょっと痛い程度、Oラインは痛いようなくすぐったいような感じでした。施術はすぐに終わったので、拍子抜けというのが本音です。(新潟県・33歳)

初回の痛みが1番痛かった
はじめての時はピリッとした痛みを感じたのですが、回数ごとに痛みが少なくなりました。初回の痛みも我慢できないほどじゃないので、申し込んで良かったと思っています。(岡山県・25歳)

脱毛の感想を見ると、最初は痛みが怖いと思っていても、いざ施術を受けると大した痛みではなく、施術を受けてよかったという感想ばかりです。我慢できないほどの痛みではありませんから、痛みが苦手な人も勇気を出して体験脱毛をしてみましょう。

痛みを軽減する方法

我慢できないほどの痛みではないことはわかるけれど、できれば痛みが少ない方が嬉しいというのが本音だと思います。実は脱毛の施術で感じる痛みは、和らげる方法がいくつかあります。

これには自分で出来る方法と、サロンにお願いをすることがあるので、上手に併用をして痛みを軽減するようにしてください。

普段から肌はしっかりと保湿を

乾燥した肌状態では、施術の痛みは強くなります。普段から肌のコンディションを整え潤った肌を維持するために、施術部位は保湿クリームやボディローションなどを塗るようにしてください。

保湿する際のポイントですが、高級品をチビチビ使用するなら、たっぷり使用できる手頃な価格のケア製品を使いましょう。また肌に添付する時はゴシゴシ擦るのではなく、押さえて肌の中に入れ込むようにして塗る方が、肌の保水力は高まります。

入浴時に体を洗う時も、力の入れ過ぎには要注意です。マイルドな洗浄剤をしっかり泡立てて手で包むように洗えば、乾燥しやすい肌状態は自然と改善できます。

生理前後など体調不良時は避ける

生理の前後や睡眠不足、体調不良の時は、ホルモンバランスが乱れて肌も荒れがちになります。もし風邪気味や二日酔いの時に、無理に施術を受けると痛みを強く感じやすくなります。

また日焼け、季節柄デリケートな状態になっている時に施術を受けると、強い痛みを感じる上に肌トラブルが起こりやすくなります。体調が優れず肌のコンディションが良くない時は、無理をして施術を受けてはいけません。

当日はカフェインの摂取を控える

カフェインは神経を過敏にして、痛みを感じやすくさせる特性を持っています。カフェイン入りの飲み物はコーヒー、紅茶、緑茶、ウーロン茶、ほうじ茶などが代表的ですが、脱毛の予約をしている日には、水、麦茶、ハーブティなどを飲む方が安心です。

カフェイン入りか不安な場合は、ノンカフェインと記載してある飲み物を飲むようにしてください。

施術前から施術後までしっかり冷却してもらう

脱毛の施術の前後には、痛みの緩和と熱エネルギーによる炎症を軽減するために、クーリング(冷却)を行います。痛みが苦手なという人は、施術前にしっかりと冷却してもらえば痛み軽減できます。

スタッフとコミュニケーションしながら照射してもらう

痛みに対する不安はストレスとなり、同じ強さの痛みでも敏感に感じる原因になります。口コミなどを見ても「スタッフとお喋りしている間に施術が終わっていた」など、スタッフとのコミュニュケーションで気が紛れ、痛みを感じにくいという体験談が見られます。

人よりも痛みに弱いというのは、決して恥ずかしいことではありません。痛みに不安を感じる場合は我慢をせずに、「痛みに弱いので照射する時に声を掛けてください」とか「ゆっくり照射してください」のように、自分の希望を伝えると快適に施術が受けられます。

最終手段!照射パワーを下げてもらう

上記の方法を試してもどうしても痛くて辛い時には、照射パワーが自分にとっては強すぎます。そこで最終手段になるのですが、スタッフにお願いをして照射パワーを下げてもらいます。

ただし照射パワーを下げると比例して脱毛効果が弱くなるので、その旨理解した上でお願いするようにしてください。

まとめ

脱毛サロンの光脱毛は無痛ではありませんが、我慢できないほどの強い痛みというわけではありません。しかも通う回数が増えるごとに感じる痛みも軽減するため、初回の施術を乗り越えれば問題はないのです。

痛みを強く感じやすい部位もありますが、保湿を普段から心がけるなど肌のコンディションに注意をすれば痛みを感じにくくすることはできます。

体調不調の時は無理して脱毛しないように心がけ、痛みを感じる時は遠慮せずにスタッフに相談するようにして、リラックスして脱毛できる環境を整えてください。