img_read

ここ数年、急激に脱毛サロンのサービスが広まってきて、私たちのような一般の女子にも身体全部をツルツルにする全身脱毛が手の届く値段になってきました。その反面、サロンの数が増えすぎてどこが良いのか分からなかったり、突然経営難に陥るサロンも出てきたりしている現実もあります。

全身脱毛最強選手権では、今、増えすぎてどこが良いのか分からなくなっている数多くの脱毛サロンの現状に対して「最強はどこなのか」答えを出します!

私たちが定める「全身脱毛最強」の定義は、

  • ● 費用が安い
  • ● エステティシャンの質が良い
  • ● 予約がちゃんととれる

といったサロンの基礎的な力を最も大切にしています。何かの特典が付くだとかCMが流れていて有名だとかよりも、自分が通ったときにしっかり楽しく脱毛できる「実際の実力」に焦点を絞っています。

他の要素としては、

  • ● アクセスが良い
    (通いやすい)
  • ● 室内がきれいで清潔
    (ビル外観は気にしません)
  • ● 安定した経営
    (潰れかけたところがいっぱいあるので)

なども選手権の条件に入れています。

トップページでは選手権の優勝も決めていますので、最短で答えだけが知りたい方は以下をご覧ください。ただ、当サイトには脱毛サロンを利用するときに知っておいたほうが良いことがたくさん含まれています。ですので、是非ブックマークしてお時間のあるときに読んで知識をつけていただけたらうれしいです。

img_ttl-rank

優勝!キレイモ
img_chart01
他の2つのサロンを引き離し、圧倒的な強さを誇る!
全身脱毛&スリム効果で女を磨く最強サロン
キレイモの強さは、何といってもコストパフォーマンスの良さです。全身脱毛1回を2万円以下で行える手軽さと、他のサロンでは含まれていないこともある顔脱毛やVIO脱毛もきちんとフォローしてくれます。

一般的には冷却ジェルを塗布してから施術を行いますが、キレイモはマシンが冷却することで同じ効果を発揮してくれ、冷却ジェルの必要もないので、冷え性の女性でも安心して脱毛を受けられます。

また、顔脱毛の必要がなければ、光フェイシャルに切り替え美顔エステができたり、施術後の保湿ローションにボディの引き締め効果のある成分を入れスリムアップ効果が期待できたりと、脱毛+αも魅力です。

>> 詳細はこちら

準優勝 銀座カラー
img_chart02
1年間に8回のスピード感と
ずっと通える脱毛し放題に魅力
浮き沈みの激しい脱毛サロンにおいて、創業20年以上という信頼と実績を誇る脱毛サロンです。体のみの脱毛と、体+顔の2種類のプランがあります。皮膚科医と共同開発した保湿ローション「美肌潤美」など、脱毛と美肌に力を入れています。

ところが、「美肌潤美」はオプションで別契約であったり、月額制と言っても実は分割払いでローンを組むことになったりと、コスパの悪さがマイナスポイントです。

ただ、途中解約しない限り脱毛し放題なので、徹底的に脱毛したい人や、出産後などでホルモンバランスが崩れ、再度脱毛の必要が出てくるかもという人にはおすすめです。

>> 詳細はこちら

3位 脱毛ラボ
img_chart03
月々の金額のお手軽さと
ダントツのサロン数が◎
脱毛サロン業界で初の月額制を取り入れ、高校生でもおこづかいで通える毎月2980円(税抜)というお手軽さが魅力です。また、サロン数も全国で80店舗あるので、自分の通いやすいエリアに店舗を見つけやすいと言えます。

ただし、全身脱毛1回を考えると、8カ月の期間が必要なこと、トータル金額で2万円を超えてしまうことなどがマイナスです。

また、全身脱毛に含まれている部位に関しても、キレイモや銀座カラーが光でダメージを受けるまぶたの上だけを除外しているのに対し、おでこや両ほほ、鼻も除外されているなど、含まれない部分が多いのも注意です。

>> 詳細はこちら

条件でおすすめサロンを検索
部位
店舗移動
費用
支払方法
キャンペーン
こだわり条件

私たちが定める「全身脱毛最強!」はこれだ!!

星の数ほどある脱毛サロンの中でも、特に全身脱毛で人気のある「キレイモ」「銀座カラー」「脱毛ラボ」に焦点を絞り、脱毛サロンを選ぶときに絶対条件である費用の安さから、やはり気になるバックボーンの安定性まで、8項目の条件下で徹底比較していきます!

1つの項目につき、最高点は星5つで評価し、星の数が最も多い脱毛サロンこそが「全身脱毛最強」です。後悔しない脱毛サロン選びのために、厳しくチェックしていきましょう。

全身脱毛1回の費用が安い

3つのサロンとも、料金の支払い方法は、全身脱毛を行う回数分を先に購入する「回数制」と、毎月定額を支払う「月額制」を採用しています。

まずは回数制の価格をチェックしてみましょう。
※以下、価格はすべて税抜きで表示しています。

キレイモは6回(11万4000円)、10回(18万6200円)、12回(21万2040円)、18回(29万700円)と、4つの回数別パックプランを用意してくれているので、かなり選びやすいです。

6回は月額プランと同じく、全身脱毛1回当たり1万9000円ですが、毎回シェービング代1000円が無料になるためお得です。回数が多くなると割引適用され、例えば18回なら1回につき1万6150円になり、15%オフとお得です。

脱毛ラボはホームページ上では6回(10万9760円)の設定しかなく、全身脱毛1回当たりは1万8294円です。6回以上を希望する場合、金額や回数は別途相談という形になります。

銀座カラーは回数のパックプラン設定はなく、1年で最大8回通うプラン(38万2000円)になり、全身脱毛1回当たりは4万7750円とかなり高額です。しかし、1年で8回通い終わった後も「脱毛し放題」となり、好きなだけ脱毛することができます。

仮に全身脱毛に18回通ったとするなら、1回当たりは2万1222円となります。ただし、8回よりも少ない回数を選ぶことができないため、ハードルの高い料金設定と言えます。

次に、もう一つの料金支払い方法「月額制」ですが、この料金には少し注意が必要です。全身脱毛1回が終了するまでに何カ月も必要だった、実は月額だと思っていたら分割払いだったということがあるからです。

月額料金で比較して見ると、以下のようになります。

脱毛ラボ:月額2980円
キレイモ:月額9500円
銀座カラー:月額1万2700円

脱毛ラボが格段に安いので、脱毛ラボがかなりお得なように見えます。しかし、これを全身脱毛1回分に計算し直してみると、以下になります。

脱毛ラボ:全身を細かくパーツ分けして脱毛を行うため、全身の脱毛を1回完了するまでに8カ月必要です。つまり、月額2980円×8回=全身1回は2万3840円となります

キレイモ:全身の脱毛を1回完了するまでに2カ月必要です。つまり、月額9500円×2回=全身1回は1万9000円です

銀座カラー:上記の回数制プランと同じ38万2000円を分割で支払った場合の価格を表示しているだけです。月額と表示しているが、実は総額を分割で支払う実質分割払いとなります。

月額料金が一番安かった脱毛ラボは、全身脱毛1回で計算すると決して安いわけではないことが分かりました。さらに銀座カラーの場合、トータルの費用を31回の分割払いにしているため、1年間の脱毛で自分は満足していたとしても、あと1年6カ月は毎月支払いが発生します。

★★★★★
キレイモ

月額制でも回数制でも、全身脱毛1回に掛かるコストパフォーマンスの良さは文句なし!回数の多いパックプランを申し込むと割引率もアップしていき、シェービングが無料になるのが魅力です。

★★★★
脱毛ラボ

全身脱毛6回の回数制で比べた場合、キレイモより700円程度安くなるものの、キレイモで12回以上のパックを選べば、やはりキレイモの方が安くなります。また、月額制になると2万3000円以上というコスパの悪さは否定できません。

★★★
銀座カラー

月々の負担も、トータルの負担もかなり大きいです。費用を払い終われば脱毛し放題となり、何回通っても追加費用がないとはいえ、18回通っても一番高い価格になります。

エステティシャンの技術力に自信あり

現在、サロンで行う脱毛は光を照射して行う“光脱毛”が主流です。機械任せなのだから誰がやっても、どこのサロンでも同じなのでは?と思うかもしれません。

しかし、肌の状態や体質などを見て光の強弱を変えたりできなければ、肌トラブルが発生し皮膚科などの医者に通うことになってしまった…なんてことにもなりかねません。

脱毛を行うエステティシャンには、明確な国家資格がないからこそ、社内の研修制度の充実度や、独自の資格を設けて一定以上の技術力を維持してくれるサロンを選ぶことが重要です。

★★★★★
キレイモ

脱毛の知識や機器の取り扱いはもちろん、接客マナーやカウンセリングの進め方まで厳しい社内研修を受け、全身脱毛に関しての知識や技術の認定試験に合格した「認定脱毛士」が処理を行います。

★★★★★
銀座カラー

社内研修に合格し、高い脱毛技術を習得したスタッフが処理を行います。担当チーム制になっているので、状態を良く知るエステティシャンが処理を行ってくれる安心感があります。

★★★
脱毛ラボ

200ページに渡るマニュアル資料、合計4時間の映像資料マニュアルを熟知し、研修センターにて「認定脱毛士」の社内資格を発行されたスタッフが処理を行います。

希望日時に予約をスムーズに入れられる!

全身脱毛は1カ月から3カ月に1度のペースで通うため、施術のタイミングで次の予約を入れようと思ってもなかなか難しいものです。急に予定が空いた時や、営業時間がでも予約を入れられるととっても便利です。

24時間のWeb予約システムはどのサロンも導入しているので、それ以外のサービス充実度で星を付けました。

★★★★★
キレイモ

どのエリア、どの店舗でも、追加料金等もなく自由に処理を受けることができます。マイページで複数店舗の空き時間を確認し、都合のいい店舗と時間で予約を取ることが可能です。平日は会社近くの店舗、休日は自宅そばの店舗という使い分けもできます。

★★★★
銀座カラー

予約時に好きな店舗を選べますが、初回のカウンセリングを受けた店舗に数回通う必要があるなど、店舗を選べるまでにいくつかの条件をクリアする必要があります。

★★★
脱毛ラボ

カウンセリングを受けた店舗に通うことになります。店舗間の移動も可能ですが、その場合は1000円の費用が別途必要です。また、年間コースの人は優先的に予約を受け付けてくれ、月額コースの人は予約が後回しになるため、月額制の場合は希望の日時の予約が取りにくいと言えます。

サロン数多し&アクセス至便で通いやすい

頻繁に通っても月に1回程度のこととはいえ、不便な場所にあるとついつい億劫になるものです。やはり大きな駅の近くに店舗を構えていたり、店舗数が多く選択肢が広かったりと通いやすいことが、長く通うためにも重要です。
※店舗数は2016年11月のものです。

★★★★
脱毛ラボ

国内80店舗、海外6店舗の圧倒的な店舗数の多さが魅力です。日本全国を見た場合も、29の都道府県に展開しているなど、一番の網羅率です。ほとんどの店舗が駅から徒歩5分圏内にあるのも便利です。ただし、店舗の移転や休館が多いので★を一つ減点しました。

★★★
キレイモ

駅から最も離れているサロンでも徒歩9分の好立地にあり、ほとんどの店舗が最寄駅から徒歩3分から5分圏内にありアクセス至便です。日本全国では18の都道府県に展開しています。店舗数は一番少ない42店舗なものの、今後の出店予定もあり、伸びに期待が高まります。

★★
銀座カラー

店舗数は国内47店舗、海外17店舗とキレイモを上回っているものの、駅から最も離れているサロンで徒歩15分、徒歩5分以上の店舗も多いのが残念なところです。さらに、日本全国では16の都道府県にしかないことなどの理由から★は2つです。

施設・アメニティが充実

年季の入った複合ビルの中にあっても、お店の中に入れば清潔感あふれる雰囲気なのは最早当たり前です。約2時間程度の処理時間を、どれだけ快適に過ごせるかをポイントに比較していきます。

★★★★★
キレイモ

施術室は壁で区切られているので、しっかりとしたプライベート感があります。室内には鍵付きのロッカーがあり、店舗によってはカウンセリングも室内で行えるよう、おしゃれなテーブルセットのある広い部屋もあります。

また、トイレのほかにパウダールームも完備され、ドライヤーやコテなどもあるのでヘアやメイクを直すのに便利です。施術後にはほうじ茶やハーブティのサービスがあり、待合室にはソファやウォーターサーバーもあるなど、優雅な雰囲気も楽しめます。

★★★★
銀座カラー

広々としたきれいな待合室のある店舗が多いです。施術室には着替えを入れるかごが用意されていますが、施術中にトイレなどで部屋を離れることになったときには、少し心配です。施術室内には鏡も置かれているので、ヘアやメイクを室内で直すこともできます。

また、冷却ジェルなどで冷えた体にうれしい、施術後には温かい飲み物のサービスがあります。

★★
脱毛ラボ

施術室の広さも3店舗中一番狭く、2~2.5畳程度の中にベッドとマシン、3段ボックスが置かれており、このボックスに貴重品や着替えなどを収納しておきます。良く言えばシンプル、悪く言えば簡素な内装で、もちろんパウダールームなどの設備はなく、お茶などのサービスもありません。

バックボーンの安定性

脱毛サロンで不安になってしまうのが、“突然の経営難により倒産しました…”なんて事態に陥らないかどうかです。高額な費用を先に支払ってしまった場合や、回数制のパックプランで残りがまだまだある場合でも、泣き寝入りにするしかありません。

ここでは、それぞれのサロンを経営している会社の資本金に注目します。資本金とは、会社が業務を行うための資本として使われるため、資本金が多ければ多いほど、債務超過のリスクが減り「体力のある会社」とみなされます。

また、資本金の多さは会社の信用度に繋がるので、金融機関からいきなり融資を打ち切られたということも起きにくいと言えます。莫大な資本金を持つ企業が倒産した事例もあり、資本金が多ければ優良企業とは一概には言えませんが、中小企業だからこそ、安定している企業であるかを見る指針になります。

★★★★★
キレイモ

資本金:3000万円。2012年設立と、3店舗の中で最も新参者です。消費税の免税などを考え、資本金を1000万円未満に設定する会社も多いなか、資本金を3000万円にしているのは消費税はもちろん、高額になる法人住民税も払えるしっかりとした体力(資金力)がある証だと言えます。

★★★★
銀座カラー

資本金:2000万円。1993年に設立され、脱毛サロンとしては老舗です。2015年から2016年にかけ19億円もの売り上げ増を記録しています。さらに売上高を公表しているのも3店舗中ここだけなので、経営に関しての自信も伺えます。

★★★
脱毛ラボ

資本金:1000万円。キレイモより少し早い2010年に設立し、この6年の間に国内外の店舗数を86店舗に伸ばすなど、あまりの急成長率ぶりに少し不安が残る面もあります。母体の会社は脱毛サロンのほかに、芸能プロダクションを運営しています。

その脱毛、ほんとに全身脱毛?

「全身脱毛」と言っても、実はサロンによりどの部位を脱毛できるかが異なっています。今回比較している3つのサロンも、全身脱毛の範囲が異なりますので要注意です。

★★★★★
キレイモ

顔から足の指に至るまで、全身をフル脱毛してくれます。除外になっている部分は、光を照射すると眼球へのトラブルが懸念されるまぶたの上だけです。

★★★★
脱毛ラボ

全身+顔が脱毛範囲ですが、顔は鼻下、あご、あご下、もみあげのみ。おでこや両ほほ、鼻が除外されています。

★★★
銀座カラー

全身パーフェクト脱毛には顔も含まれますが、新・全身脱毛は身体だけで顔が含まれていないため、全身脱毛と銘打っていても注意する必要があります。なお、顔が含まれている場合はキレイモと同様に、まぶたの上だけが除外になります。

プランや料金の分かりやすさ

回数制の場合は、全身脱毛1回を何回分ということなので、比較的分かりやすいと言えます。しかし、月額制の場合は毎月1回通う場合もあれば、毎月払っているけれど2カ月に1回来店すればいいなど、分かりにくいことが多いです。また、先ほどお伝えしたように、月額制と思っていたら分割支払いだったということもあります。

さらに、プランを選ぶ場合、全身脱毛プランの中でも異なる内容でいくつか用意されていたり、その料金が何回分なのかが分かりにくいことも多いです。
自分の希望に合っているかをひと目でわかることをポイントに★付けします。

★★★★
キレイモ

全身脱毛専門サロンなので、基本プランは全身脱毛のみです。そのほか、他のサロンからの乗り換える場合のプランと、学生専用の学割プランがありますが、明確に分かれているため混乱することはありません。

2カ月に1回の来店を基本に、月額制も回数制も料金がきっちり明示されているので分かりやすく安心です。しかし、シェービング代などの別途費用に関して公式ホームページに詳しい記載がないので★1つ減点です。

★★★
銀座カラー

全身脱毛のプランは2つありますが、1つは顔が含まれてないことが比較して初めて分かるので、そこがマイナスポイントです。また、月額料金が脱毛トータル料金を分割して支払っていることになるので、いわゆる月額というイメージとは少し違うこともマイナスにしました。

★★
脱毛ラボ

回数パック脱毛プランの回数に関して小さく記載されていたり、月額制は8カ月通わないと全身脱毛1回が終了せず、さらに申し込みは8カ月以上の条件があるなど、小さく書かれている補足をしっかり読み込まないとわからない部分が多いです。すべてを理解するまでかなり頭を悩ませることになります。

さらに3つのサロンを徹底比較!

脱毛方法を比較してみる

使っているマシンや、施術後のケアなど脱毛方法もサロンにより異なります。まずは一覧表を見てください。

キレイモ 脱毛ラボ 銀座カラー
脱毛の種類
スリムアップ脱毛

  • 照射する部分を
    マイナス4度まで
    冷やしながら脱毛する
  • 照射間隔は1.5秒に1回
  • 国産の脱毛マシンを採用
S.S.C.美容脱毛

  • イタリアDEKA社が
    日本人向けに開発した
    「M.S.F.T.クリプトン」
    「P.S.クリプトン」を採用
  • 秒速5連射可能な
    ラボ・マシンガン
    「クリプトンSEV」導入店舗もある
IPL脱毛

  • 1秒間に1回~2回の照射が可能
  • 数多くの脱毛サロンが使用している
    スタンダードなマシン
冷却ジェル
ナシ 必要 必要
スキンケア
脱毛後に保湿ローションを使用してくれる。
ローションには肌の引き締め効果が
期待できる成分が含まれているので、
スリムアップ効果が期待できる。
照射前、照射中、照射後の
3回エステパックを行うことで
肌を保湿する。
冷却ジェルに保湿成分が含まれているので、
照射中や照射後も同様に
ジェルを塗布している。
シミやそばかすのフォトフェイシャル治療に
使われる光を含むので、美白・美肌効果も期待できる。
オプションで、皮膚科医と共同開発した
保湿成分の高いミストシャワーを
することもできる。
所要時間着替え等の時間は除く
60~90分 60~90分 60~90分

★★★★★
キレイモ

冷却ジェルを使わなくても脱毛ができるので、冷え性の女性でも安心して施術を受けられるのがうれしいポイントです。施術後に塗布してくれる保湿ローションは、引き締め効果の高い成分も入っているので、脱毛+スリムアップ効果も期待できます。

脱毛器は国内の業務用脱毛器メーカー製で、メンテナンスや修理も迅速に行えます。また、万が一サロンスタッフが光の出力を間違ってしまったとしても、脱毛器がプログラムにより制御してくれます。

★★★★
銀座カラー

シミやそばかすのフォトフェイシャル治療にも使われる光を含むマシンを用いて脱毛するので、美肌や美白効果が期待できます。しかし、保湿効果のあるミストシャワーなどを受けたい場合は、オプションで有料というのが残念です。

★★★
脱毛ラボ

保湿効果の高い冷却ジェルを用い、光脱毛との相乗効果で保湿してくれるのが魅力です。最新マシン「ラボ・マシンガン」導入店舗であれば、一般では1秒に1回程度の照射を秒速5連射できるので、かなりの速さで1回の施術を行うことも可能です。

ただし、この冷却ジェルを頻繁に塗ることでかなり寒いという口コミが数多くあり、女性に冷えは大敵なためマイナスです。

追加の費用は?

月額制でも回数制でも、追加料金が発生するとそれだけで負担増です。

銀座カラーは月額以外、ケア料金などの追加費用は掛かりません。ただし、脱毛前に自分で処理をしたムダ毛にそり残しなどがあった場合、シェーバーの持ち込み&手が届かない場所のみの対応になります。

キレイモは回数制の場合には追加料金はありませんが、月額制の場合、ムダ毛のあるなしに関わらずシェービング代として毎月1000円の費用が掛かります。1年間に12000円のプラス料金が発生します。

脱毛ラボは自分で処理をしたムダ毛にそり残しがあった場合、1000円~2000円のシェービング代が掛かります。また、店舗移動の場合は1000円、当日キャンセル料に1000円など、細かな支出が発生する可能性があります。

芸能人や有名人が通っている

人に見られることが仕事の芸能人や有名人が、個人的に通っているのであれば信頼がおけるサロンと言えそうです。ここでは、どんな有名人が通っているのか数名リストアップします。憧れの人が通っているサロンと同じところに…なんて思うと、ちょっとうれしいですよね。

キレイモ 銀座カラー 脱毛ラボ
マギーさん
水沢アリーさん
今井華さん
橋本甜歌さん
鈴木亜美さん
舟山久美子さん
藤本美貴さん
田中里奈さん
あびる優さん
上原さくらさん
近藤あやさん
おかもとまりさん
新垣里沙さん
米澤瑠美さん
仁科仁美さん

全身脱毛を始める前に知っておきたいこと

どの程度までムダ毛を処理したいと思いますか?

全身脱毛と聞くと、全身ツルツルになるイメージかもしれません。でも実は、ムダ毛が薄くなってきたと効果を実感する状態から、自己処理の必要がほぼない状態まで、自分の好きな状態を選ぶことができます。

光脱毛での全身脱毛期間と回数の目安
回数 期間(最短) 状態
6回 約1年 ムダ毛が薄くなるなど、脱毛の効果を実感できる
12回 約2年 自己処理が減り、脱毛のお手入れが楽になる
18回 約3年 自己処理がほぼ必要なく、全身ツルスベをキープ

脱毛は毛周期に合わせて行うため、2~3カ月に1回のペースでサロンに通います。早く終わらせるため毎週のように通いたいと思っても、それは全く効果がないうえ、逆に肌を痛めることになります。

どの程度までムダ毛がなくなるのを希望するかで、期間も料金も変わります。もちろん、体毛の薄い人や濃い人での個人差も出てしまいます。まずはムダ毛をどこまで減らしたいかを考え、サロンと相談してください。

完了までの期間も把握する

全身を1回脱毛したら完了ではなく、継続的に行う必要があります。効果を実感するまでに最短でも2~3回かかりますし、平均よりも毛深い人で自己処理がいらなくなるまでとなると、3年以上掛かることもあります。

さらに女性はホルモンバランスを崩しやすく、生理になってしまって予約した日に行くことができず、通常は2カ月に1回のところ3~4カ月に1回しか通えなかったという人も多いです。

希望する脱毛状態まで、どのくらいの期間で完了できるか、自分がきちんと通いきれるかなども考えることが重要です。

星のトータル獲得数37個!全身脱毛最強は「キレイモ」

星40個が最高点のなか、なんとキレイモは37個を獲得しました。銀座カラーは28個、脱毛ラボが25個ということを考えると、まさに圧勝と言えます。

キレイモのマイナスとしては、店舗数が少ないことですが、2014年に設立された新しいサロンということを考えると、それも仕方のないことです。

脱毛は決して安い買い物ではありません。行き始めてから失敗した…なんて後悔をしないよう、優秀なサロンを選びたいものです。そしていま、コスパや設備、アクセスも最強というサロンはキレイモと言えます。